3104式の楽曲素材更新情報をLINEで受け取りませんか?

友だち追加

LINEの運用方針はLINEを用いた更新情報の配信とサポートにてご確認ください。

3104式ではYoutubeでの音楽素材紹介ページも拡充を図っています。ぜひ、チャンネル登録もお願いいたします!




MIDIインターフェース

USB端子の無いMIDI音源やキーボードとパソコンを接続するには

投稿日:2018年1月12日 更新日:

中古で売ってるローランドのSCシリーズやヤマハのMUシリーズ、また80~90年代のハードシンセやエレクトーンを、Windowsに接続して使いたい。

けど、今のWindows PCでどうすれば使えるの?という話題です。

一般にUSBコネクタの無い機器は、USBを利用してパソコンに接続することができません

そのようなときに、もし機器の背面にMIDIコネクタが用意されていれば、USB-MIDIインターフェースを使用することで、パソコンとの接続が可能になります。

パソコンと接続することによって、パソコンから制御したり、DAWに記録を残したりすることも可能になります。

USB-MIDIインターフェースの定番アイテムに、

  • ローランド:UM-ONEmk2
  • ヤマハ:UX16

があります。

前者iPadなどと使用でき、後者は10年以上販売され続ける定番中の定番商品です。

USB-MIDIインターフェース YAMAHA UX16の使い方

筆者が有しているYAMAHA製のUSB-MIDIインターフェース「UX16」について簡単にご紹介します。 UX16はキーボードやシンセサイザー、ハードMIDI音源など、1台のMIDI対応機器とパソコン ...

続きを見る

[スポンサーリンク]



古いキーボードやハードMIDI音源にUSB端子が無い理由

近年の機器はUSB接続が一般的

近年の様々な機器は、「USB(Universal Serial Bus)」という通信規格を介して接続できるのは、あなたもご存知の通りです。

DTM関連機材もUSBコネクタを有しており、USBケーブルを介してPC上から各種DTM機材をコントロールできるようになっています。

USB以前のDTM機器は「MIDI接続」が一般的

しかしながら、80~90年代の古いハードシンセやMIDI音源、またエレクトーンなどにはUSB端子がありません

当時はまだUSB規格(USB1.0は1996年登場です)が無かったためです。

当時は、MIDI(Musical Instruments Digital Interface)という通信規格があり、シンセやDTM音源などの主流となっていました。

このような技術的理由ゆえ、古いハードシンセやMIDI音源の場合、接続可能なコネクタがMIDI端子(下記写真)のみということも少なくありません

そのため、2018年現在の環境下で、このような機器を利用するためには、MIDIを上手く使う必要があります

USB端子の無いハードMIDI音源とWindows PCをつなぐ方法

上述のような、MIDI端子を持つMIDI機器とパソコンを接続するために、「USB-MIDIインターフェース」と呼ばれる専用の機器を使用します。

インターフェースとは「コンピュータと周辺機器との接続部分」と称されますが、簡易的には「仲介役」と考えてください。

例えば、あなたが言葉も知らない異国の人と会話をするとき、その間に入って通訳をする人が「インターフェース」です。

技術的には、「インターフェース」はコンピュータの異なる通信プロトコルを相互に変換する役割を持ちます(今回はUSBとMIDIの変換)。

USB-MIDIインターフェースを使うことで古いハードシンセやMIDI音源と、最新のWindowsやMac OS、iOSなどとを接続することが可能になります。

USB-MIDIインターフェースの使い方

USB-MIDIインターフェースを用いた接続イメージは下記の通りになります。

[Windows PC] --USBケーブル-- [USB-MIDIインターフェース] --MIDIケーブル-- [ハードMIDI音源]

もしあなたがUSB-MIDIインターフェースを使って、パソコンとMIDI機器を接続したいと考えたら、下記を買い揃える必要があります。

  1. USB-MIDIインターフェース
  2. USBケーブル(USB-MIDIインターフェースに付属しない場合)
  3. MIDIケーブル(USB-MIDIインターフェースに付属しない場合)

※これから紹介するモデルを購入する場合には、USBケーブルもMIDIケーブルも不要です。

定番のUSB-MIDIインターフェース

USB-MIDIインターフェースにおいて定番モデルといえば、ローランドとヤマハからそれぞれ発売されているUM-ONEmk2とUX16です。

iPadでも利用できる「UM-ONEmk2」

UM-ONEmk2はiPadでも使用できるのが特徴で、iPad+SC-88のような、新しいものと古いものを組み合わせた使い方が可能です。

Roland ローランド MIDIインターフェイス UM-ONEmk2 | Amazon

  • 1台のMIDI機器を接続可能
  • Windows、Mac OS他、iPad(初代のぞく)にも対応

公式サイトではWindows 8.1までの対応と明記されていますが、非公式情報ではWindows 10でも動くそうです。

Windows 2000以降で利用できる「UX16」

UX16は10年以上同じモデルとして発売され続けており、Windows 2000から、2018年現在で最新のWindows 10までサポートしているのが特徴です。


YAMAHA USB-MIDIインターフェース UX-16 | Amazon

  • 仕様はUM-ONEmk2と同じで1台のMIDI機器を接続可能
  • 2018年現在で発売から17年経つ、定番中の定番
USB-MIDIインターフェース YAMAHA UX16の使い方

筆者が有しているYAMAHA製のUSB-MIDIインターフェース「UX16」について簡単にご紹介します。 UX16はキーボードやシンセサイザー、ハードMIDI音源など、1台のMIDI対応機器とパソコン ...

続きを見る

USB-MIDIインターフェースで接続すると何ができるのか

USB-MIDIインターフェースを用いてWindows PCと接続することで、DAW(例えばCubaseやStudio Oneなど)からハードMIDI音源(例えばSCシリーズやMUシリーズ)を制御することが可能になります

最も簡単な使い方は、MIDIファイルをハードMIDI音源(SCシリーズやMUシリーズ)で演奏をさせること。

それ1台だけで曲作りを簡潔させることが可能です。

ハードMIDI音源は、現在のソフトシンセに比べれば物足りない出音ではあるものの、一方でいろいろ手をかけずに1曲が作れてしまうのも特徴です。

よくある質問

USB-MIDIインターフェースで音の良し悪しは変わる?

USB-MIDIインターフェースの種類で音が変わることはありません

USB-MIDIインターフェースは、パソコンとMIDI機器間の通信情報を変換するだけです。

音声そのものは一切扱いません。

USB-MIDIインターフェースを使えば録音できますか?

USB-MIDIインターフェースはMIDI情報の通信のみを行うケーブルですので、一切の録音機能を持ちません

もし、外部のMIDI音源で鳴らした音を録音したいならば、オーディオケーブルやオーディオインターフェースの類が必要になります。

繰り返しますが、USB-MIDIインターフェースは、パソコンとMIDI機器間の通信情報を変換するだけです。

音声そのものは一切扱いません。

[スポンサーリンク]


まとめ

あなたがUSB-MIDIインターフェースの購入を検討されているなら、

  1. ローランド製のMIDI音源やiPadなどと併用:UM-ONEmk2
  2. ヤマハ製のMIDI音源やキーボードなどと併用:UX16

をそれぞれオススメします。国内メーカー製なのでサポートも受けやすいです。

なお、これよりも安いサードパーティ製のUSB-MIDIインターフェースもありますが、「安かろう悪かろう」を引く可能性があります。

UM-ONEmk2もUX16も3,000円程度しますが、信頼できるメーカー製であることを忘れないようになさってください。

[スポンサーリンク]



  • この記事を書いた人

サイレフォ

近未来的音楽素材屋3104式管理人です

-MIDIインターフェース

Copyright© 近未来的音楽素材屋3104式 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.