近未来的音楽素材屋3104式

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

近未来・サイバー・SF・トランス風のMIDI/MP3/OGG/AAC/FLAC音楽素材を配布するサイトです!ゲームや動画のBGM素材にお使いください!

近未来的音楽素材屋3104式 > DTM用パソコンの選び方 > DTMパソコンでMicrosoft Officeは使えるの?

DTMパソコンでMicrosoft Officeは使えるの?

DTM用途として購入したパソコン。もし、音楽制作以外に、WordやExcelなどMSオフィスなども使用したくなったら?そこで、本ページではDTMパソコンでMicrosoft Officeなどのオフィス向けソフトウェア群(オフィススイート)を使えるのかをご紹介します。

一般的に、オフィススイートやそれに付随するソフトやプリンターなどは、DTMに必要な環境に比べると遥かに低スペックな環境で動作します。本コラムでは、およそ2GHz以上のデュアルコアCPU、2GBのメモリ、そして20GB以上のHDD容量をDTMに最低限必須な環境と定義していますが、この環境以上のパソコンならオフィススイートの動作にはまず問題がありません。

改定履歴

  1. 2014/12/31 新規作成

目次

  1. はじめに
  2. Word?Excel?MSオフィスって何?
  3. 最新のMicrosoft Officeの動作環境は?
  4. じゃあ、Kingsoft Officeは?
  5. じゃあDTMパソコンでプリンターは使えるの?
  6. まとめ
  7. 関連項目

はじめに

DTM用途として購入したパソコン。もし、音楽制作以外に、WordやExcelなどMSオフィスなども使用したくなったら?

そこで、ここではDTM用途以外の用途にDTMパソコンを利用することを想定し、WordやExcelなどMSオフィスなどの動作環境などもご紹介します。

最初に結論を書いてしまうと、DTM用途に組んだハイスペックPCなら、WordやExcelなどMSオフィスなどの動作環境を気にする必要はありません。

Word?Excel?MSオフィスって何?

まず、このページをご覧の方で、WordやExcelをご存知ない方のために、Microsoft Officeをご紹介します。

Microsoft社が販売する文書作成ソフトや表計算ソフトなど、一連のオフィス業務に必要なパッケージがMicrosoft Officeです。文書作成ソフトがWord、表計算ソフトがExcel、プレゼンテーション用ソフトがPowerpoint、メーリングソフトがOutlookと、様々な種類があります。

大学におけるレポート作成や、科学計算、就職後の業務において欠かすことのできないソフトです。例えパソコンに不慣れだったとしても、必ずどこかで使うor学ぶ機会のあるソフトです。

筆者も最初にパソコンを購入したきっかけが、大学でのレポート作成のためにMicrosoft Officeを利用する目的でした。

最新のMicrosoft Officeの動作環境は?

Microsoft Officeは数年ごとに新製品が販売されています。2014年12月現在で最新のオフィススイートであるMicrosoft Office 2013の動作環境は以下のようになっています。

  • Windows 7以上(32・64bit)
  • CPU SSE2対応1GHz以上
  • RAM 1GB(32bit)2GB(64bit)
  • HDD 3GB
  • その他インターネットアクセス環境

この環境は、当コラムで紹介しているおよそ2GHz以上のデュアルコアCPU、2GBのメモリ、そして20GB以上のHDD容量というDTMに最低限必要な動作環境以下の要求スペックです。ですので、もしあなたがDTM用途にi5やi7クラスのBTOパソコンを購入されるのでしたら、Microsoft Officeはほぼ問題なく動作すると考えていただいて大丈夫です。

なお、SSE2は2000年のPentium 4で初めて使用された技術です。最近のCPUははるかに上位の命令セットをサポートしていますので、こちらも気にする必要はありません。

じゃあ、Kingsoft Officeは?

Kingsoft OfficeはMicrosoft Officeと互換性のあるオフィススイートで、Microsoft Officeより廉価なのが特徴です。互換性の高さを謳いますが、100%の互換性はサポートされません。

Kingsoft Officeシリーズ最新である2013の動作環境は以下の通りです。

  • Windows XP以上(32・64bit)
  • CPU 1GHz以上
  • RAM 1GB
  • HDD 200MB
  • その他インターネットアクセス環境

この環境は、やはり本コラムで触れているDTMの最低動作環境以下の要求スペックです。ですから、Coreシリーズを登載したDTMパソコンでは問題なく動くと考えられます。

なお、本コラムの主題を外れますが、オフィススイートは可能な限りMicrosoft Officeを選択するのが良いと思います。大学や企業でのオフィススイートはMicrosoft Officeが用意されるのが通常ですから、早いうちからMicrosoft Officeに慣れるのと、不要な互換性のトラブルを避けるためです。

じゃあDTMパソコンでプリンターは使えるの?

Microsoft Officeを利用される方が、高確率で同時に利用されるのはプリンターです。例えば、Wordで作成した文書を印刷するためにはプリンターは必須です。ただ、当サイトの趣旨は、DTM用途のパソコン選定に関する情報を提供することですから、プリンターの善し悪しについては議論しません。ここでは価格.comで売れ筋商品となっているCANON PIXUS MG7530を例に、DTMパソコンでプリンターを使用できるかをご紹介します。

実は、CANON PIXUS MG7530の動作環境を見つけることはできませんでした。その代わりCANON PIXUS MG7530の付属ソフトウェアとして利用可能なソフトウェア「My Image Garden」に使われている.netframework4という、Microsoft社のコンポーネントの動作環境をご紹介します。

この.netframework4というこのコンポ-ネントの動作環境は、

  • Windows XP SP3以上(32・64bit)
  • CPU Pentium 1GHz以上
  • RAM 512MB
  • HDD 850MB(32bit)、2GB(64bit)

です。ので、おおよそ「My Image Garden」やCANON PIXUS MG7530の動作環境もこれに準じる程度と予想できます。.netframework4はソフトの一部ですから、その他のソフトの動作を考慮すると、表記よりは少しだけ高い環境が必要です。ただ、それでもDTMに必要な環境よりは低いです。満足にDTMができる環境なら、このソフトウェアは問題なく動作すると考えられます。

まとめ

以上のように、Micorsoft Officeなどの一般的なオフィススイートやプリンターに必要な動作環境は、DTMをするために必要な最低限の環境よりも低い環境になっています。そのため、DTM用途に最新のBTOパソコンを購入されれば、その環境ではWordやExcelは動作すると考えていただいて間違いありません。

言い換えれば、Micorsoft Officeがかろうじて動作しているようなパソコンでは、DTMは厳しいということが言えます。また、上記で紹介したソフトは、いずれも他のソフトと同時に利用することが多いと思います。そのため、実際には上記以上の環境でも動作が厳しい場合もあります。Micorsoft Officeの動作がもたつくような年代物のパソコンは、DTMも厳しいと考えられますので、買い替えを検討されても良いと思います。

関連記事

DTM用パソコンの選び方トップ

DTM(デスクトップミュージック)をしたいけど、それに最適なパソコンはどんなパソコン? どんなスペックが求められるの? このサイトの運営者はどんなパソコンを使ってるの? なんでそのパソコンを選んだの?
3104式 DTM用パソコン選択関連記事では、そんなあなたに最適な情報をご提供できるよう、様々な記事をまとめています。 あなたが優れた曲を書くための、一流のDTM環境を得るために、少しでもお手伝いできましたら幸いです。

DTMパソコン購入時に考慮したい有名VSTiの動作環境

DTMパソコンを購入するときに考慮したいVSTiやVSTエフェクトの動作環境。DAW以上に高い環境を要するソフトもあります。そこで、主要なVSTi/VSTエフェクトの動作環境を提示し、2014年現在でおおよそどの程度のパソコン環境を用意すればよいのかをまとめました。

音楽素材屋はなぜそのDTMパソコンを選んだのか

TSUKUMOのBTOパソコン「AeroSlim」を購入するまでの経緯をご紹介します。なぜTSUKUMOのBTOパソコンを選んだのか、選ぶときにどんなことを考えたのか、なぜその構成にした購入したのかなどをご紹介します。

ツクモのBTOパソコン「Aeroslim」をDTM用途に使ってみて

ツクモのBTOパソコン「Aeroslim」をDTM用途に使ってみて、その使い心地などをざっくり評価してみました。 BTOならではのカスタマイズ性のおかげで、ストレスのたまらない満足なパソコンを入手することができました。

ページトップへ戻る